睡蓮の牧歌

古代エジプトが舞台の物語。メイベル・コリンズの手による象徴的なお話です。

序文

 これから始まるのは、いつの世もすべての人々に語られてきた物語である。人の低級な性質、罪に堕落する悲劇である。内なる霊の贖罪の代償としてもたらされた苦難であり、最後の犠牲的行為で神格化を成し遂げ、人類に恩恵を与える……そんな物語なのである。

広告を非表示にする